厳しい現実

こんばんは。

11日にイランより帰国しました。
結果はご存じの通り、2日間ともストレート負けでした・・・

日本は明らかに準備不足でした。

1週間と短い期間での合宿をし、短期決戦という形で挑みました。


一方イランは、話に聞くところによるとワールドリーグに参戦するために、OQT後からずっと強化をしていたそうです。

そこに大きな差がありました。

準備の段階でこれほど違い、かける思いもイランのほうがより強かった・・・

そういうしかありません。

厳しい現実とアジアの中で大きなライバルが出現しました。

この現実を受け止めなくてはなりません。

そして、来季の日本代表は大きく体制が変わることが明らかです。


今一度、日本の男子バレーボールについて、今まで以上に真剣に考えなくてはならない時が来ていると思います。



これで今年度の全日本男子バレーボールチームの活動は終了しました。

これからは各チームに戻り、Vリーグ、天皇杯に向けてのスタートとなります。

東レは明後日からアルゼンチン遠征をします!

またblogでもアップしていきますので、お楽しみに!

それでは。
[PR]
by shigeru_k0904 | 2012-09-13 22:43
<< アルゼンチン遠征 ワールドリーグ入れ替え戦 >>